カテゴリ:博物館( 2 )

ホネ合宿in岐阜

2月26日から27日にかけて、ホネホネ団とホネットに参加されている骨関係の方たちで岐阜県ホネ合宿をしてきました!
朝は4時半に起きて5時半に家を出ました…外暗い笑 6時過ぎに大阪駅に到着!
回ってきた連絡では11番ホーム集合。でも在来線で行くのでほんとは8番ホーム集合でした笑
8番ホームに行くとすでにホネ団の方がいました

「あれってさ……」 指差すほうを見ると、11番ホームに友達がいたw
…それはサンダーバード富山行きだよ。

集合時間にはみんな集まって、快速で京都に行き、ホネ団数名が合流したのち米原から岐阜駅へ



岐阜駅に到着してバスで「あくあトト岐阜
あくあトト岐阜は淡水魚ばかりを集めた、私の大先輩も絶賛の水族館
前々からその評価を聞いていたので、とても楽しみにしていました(^ω^)
……でも内心、マスとかアユとかがいるような…ある意味地味ーなマニアックなとこなんだろうな…と思ってました←
でも実際は大人から子供まで楽しめる、すんごい水族館でした!
私は海遊館より好きかもしれない笑

*日本以外の魚(熱帯魚、アマゾンの巨大魚)がいる!

*魚を見るだけではなく、カピバラやコイのエサやりをしたりアシカショーが見れる!カエルやトカゲもたくさんいます❤

a0190040_18363678.jpg


*館内の造りが凝っててどんどん引き込まれる! 一部の部屋では雷や雨の音が!

*水槽内のデザインがカッコイイ!クオリティー高い!

*グッズショップがかなり良い!ここだけでも楽しい!笑 マニアックガチャガチャが勢揃いですw

*水族館の外にはレストラン(メニュー豊富)に美味しいパン屋さん(値段も安い)! 大きな遊具や自然公園にゲーセン!ワンコも散歩OK
何もかもが凝縮した場所でした まさに親子が丸一日遊べるところですね…





バックヤードツアーでは魚の飼糧や魚の卵を見せてもらいましたでっかい濾過装置がいっぱいでした←  案内して下さった方と、維持費の話もしました。。
やっぱり桁外れにかかりますよね…汗

これだけでも満足なのに、岐阜駅に帰ってからホネ宴会まであるのです…!!素晴らしい!

ホネな方々と濃い濃い飲み会でした
獣医の理想と現実とか、将来の話とか、透明標本の話とか…まだまだ話し足りないくらいでした
でも今年のホネフェスでまた会えると思うと次がとても楽しみです


宿に帰ったら早朝から動いてたのもあって即爆睡でしたw


次の日は岐阜県博物館へ
骨な方々のパワポ発表を聞きました今後使えそうな道具の話から、野生動物を診ている獣医さんの話まで いろいろ考えさせられました。
野生動物をどこからどこまで助けて良いのか、怪我をしてるからといって高いお金をかけてまで治療するのかどうか…


昼食後バックヤードツアーへ 鳥の骨格標本と剥製がものすごい数で収蔵庫に入ってました!
もう、みんなの目の輝きようといったら…笑


半身標本

a0190040_18375334.jpg


今にも動きそうなほどの完成度

a0190040_18385426.jpg



アルマジロ!!w

a0190040_1840725.jpg




動物の剥製が保存されているところでは、他にチョウやガや甲虫類がギッッシリ詰まったドイツ箱が…!

すごい数…!! ちょうど良いところにガ屋さんまで笑 後輩はガンガン行って、ガ屋さんと仲良くなってたwあいつのあぁいう所は見習わないとな


その後は、館内を見てまわりました 


でかキノコもあった(-ω-*)2mくらいのレプリカ



博物館を出たあと、岐阜駅でお土産を買って帰路へ
ちびっこははしゃぎ過ぎてくたくた…(´`)笑

それにしても2日間とは思えないほどの濃い充実したホネ合宿でした
めっちゃ楽しかった!!
今年もこんな感じでいろんな所に行けたら良いな(^ω^)



と、思ってたら何やら彼氏が十八切符が余るとのこと!
旅行?のお誘い わくわく
4月からは怒涛の勢いで実験なので、3月中にどこか行こう

…ここは時期的に福井県にビーチコーミングリベンジかな?
[PR]
by natu-kinoko | 2011-03-11 18:43 | 博物館

岸和田自然資料館

なにわホネホネ団のワークショップで、岸和田自然資料館へ行ってきました。

岸和田から徒歩10分ほどのところにありますが、まわりが住宅地なこともあり
初めて行く人にとったら迷ってしまうかも知れません(・ω・;)

でも1度行くとすぐわかるところが良いです笑





午後からワークショップなのに対して、午前中からお手伝いに行っていたので
館内を見て回る時間がありました。しかも今はモササウルスの特別展もやっていたのでかなりラッキーでした!
標本は、大型動物のはく製があったりとインパクト大な感じでした。
岸和田周辺でとれる虫やきのこ、浜辺で拾える骨などをクイズ形式で学べるのも
とても良いと思いました



でも、やはり岸和田自然資料館はちりめんモンスターの
「ちりモン」が有名ではないでしょうか?
C-(〇ω〇*)

ちりモンとはちりめんじゃこなどを
とったときに混ざっているカニやエビの幼生、
幼魚や小さな小さなタツノオトシゴの赤ちゃんのこと。


肉眼では、なんだかちりめんじゃこと違うぞ?
くらいの違いですが、ルーペで見てみると一目瞭然!


館内にもちりモンをルーペで見れるブースもあって、見ていてたのしい!




ミュージアムショップにもとても精巧に作られた、ちりモンストラップがあったり
ちりモン図鑑があったりとかなりちりモンにはまれます笑

ほかにもダイオウグソクムシの大きいフィギュアがあったりと
かなりマニアックなものがおいてあってショップだけでも楽しい!
(いやいや、ちゃんと館内も見てくださいよ?)




そして資料館のアイドル スナネズミちゃん…

もう可愛いのなんの…


ワークショップあとには戯れさせていただきました(*^ω^*)







目的のホネホネワークショップは鶏頭の骨格標本作りでした

恐竜のレプリカを作る専門職の方々に
「仕事でもこんなに夢中で作らないよ笑」

って言ってもらえて、すごくうれしかったです!
楽しい楽しいって参加者のみなさんが言ってたので大成功でした


その上、私自身も鶏頭の標本を作るのは、初めてだったのですが
職人みたいな手さばき!と感動してもらえました笑





なにわホネホネ団には入団して3年ほどになりますが、
改めて楽しさがジワジワと来ています








ワークショップ後は懇親会でした!

魚がおいしすぎw


そしてたくさんの大人の方たちと、博物館の話や学校でやってる展示会のおもしろさなど熱く語って…
ワークショップと同じくらい楽しかったです笑


私もしたい事いっぱいあるし、計画的に全部実行していこう…!





岸和田自然資料館のみなさま、標本師のみなさま
とても勉強になる一日をありがとうございました!
[PR]
by natu-kinoko | 2011-01-17 19:18 | 博物館